注文住宅を依頼するメリットとは?初心者によくある疑問や解決法を詳しく紹介

注文住宅の防音機能はどれくらい!

注文住宅の防音機能はハウスメーカーによって異なりますが、一般的に10dBから55dBほどの音を減らすことができます。
減らすことができる音量が大きいとしても住人にとって快適とは限らないので注意しなければなりません。
住人によって騒音の状況や音の感じ方は全く異なります。
主観的に許せるレベルまで騒音を下げられるかどうかは、各ハウスメーカーに相談してみるとよいでしょう。
例えば120dBの騒音には飛行機のエンジンや近い場所で発生した雷鳴などがあり、聴覚に異常をきたす可能性が存在します。
自動車のクラクションの直前や電車が通るガード下は100から110dBとされており、これらも聴覚に異常をきたす可能性があるので注意しなければなりません。
犬の鳴き声や大声、カラオケの他にピアノの音や布団を叩く音などは80から90dBとされています。
これらも普通はうるさくて我慢できない音量なので、近所の住人とトラブルになる可能性が存在します。
注文住宅を建てる場合には、各ハウスメーカーがどれくらいの音量を減らせるのか事前に確認するとよいでしょう。

注文住宅の工事において大切な事はどのようなことか

これから注文住宅を建築するにあたり、工事をする必要がありますがほんとにどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。
注文住宅の工事にあたっては、ライブの問題としてはどの程度引っ越しをする日になります。
家の中の人が引っ越しをする場合、どれぐらいかかるかによってそう料金が異なるでしょう。
半年ぐらいかかる場合には、半年間は今いるところから引っ越さないか既に住んでいた場所をいちど取り壊した場合には、どこか別の場所に移動しなければいけません。
マンスリーマンションにするのかウィークリーマンションにするのか等によって、費用が変わってきます。
後は、住宅建築の時周りの人に迷惑をかけてしまいますので、必ず挨拶まわりが必要になります。
この点をよく理解した上で計画を練ることが大事かもしれません。
挨拶まわりは、施工の1週間以上前にしておいた方が良いです。
スタッフも行ってくれるかもしれませんがそれとは別に行った方が良いといえます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅について知ろう

注文住宅は分譲住宅と大きく異なります。第一に好きなデザイン、間取、予算に合わせて1から作っていく事が出来る点です。基本的には分譲住宅は出来上がっていたり、これからの場合も規格がありますので後から変更出来ないことも多々あります。希望通りに作ってもらうことが出来るというのが最大のメリットですが、分譲住宅よりも費用は高くついてしまうという事も有りますのでニーズに合っ住宅の方を選んでいく事をおすすめします。

Search