注文住宅を依頼するメリットとは?初心者によくある疑問や解決法を詳しく紹介

注文住宅は分譲住宅と大きく異なります。
第一に好きなデザイン、間取、予算に合わせて1から作っていく事が出来る点です。
基本的には分譲住宅は出来上がっていたり、これからの場合も規格がありますので後から変更出来ないことも多々あります。
希望通りに作ってもらうことが出来るというのが最大のメリットですが、分譲住宅よりも費用は高くついてしまうという事も有りますのでニーズに合っ住宅の方を選んでいく事をおすすめします。

注文住宅を依頼するメリットとは?初心者によくある疑問や解決法を詳しく紹介

新築一軒家を購入する際には、大きく分けると選択肢は2つ挙げられます。
第一には注文住宅で、もう一つは分譲住宅です。
規格があり出来あがっていたり、これから建設するとしても決まっている物ですのでオプションを少しつけられることも有りますがそれはほとんどできません。
しかし注文住宅の場合は設計や間取、また土地も1から決めることになりますので自由度はかなり高くなるでしょう。
そういった違いがありますので何が違うのかと疑問に思った方は解決出来ます。

注文住宅と建売住宅の具体的な違いは?

最近はいろいろな住宅がありますが、住宅を手に入れる場合には注文住宅と建売住宅の2種類があります。
注文住宅と建て売りの違いを具体的にかつ簡単に言えば、注文したかしないかの違いです。
建売というのは通常名前の通り建築された後に販売されるものです。
もっとも例外があり建築途中に販売しているケースもありますがだからといってそれを注文の住宅とは言えません。
何故かと言えば注文した住宅と言うのは、自分自身が設計に関わっているからです。
それはリビングを広くしたいあるいはキッチンをアイランド色にしたいと言った希望などが通るのが注文住宅の特徴です。
建て売りの場合、いくら建築中に購入したとしても、オプションで少しだけ水回り等の変更はできるかもしれませんが、建物そのものを設計するわけではないため限界があります。
このような大きな特徴があるためそれぞれどちらが良いか話し合うべきです。
ちなみに金額は注文の方が高くなるあるでしょう。
安く仕上げたいならば建て売りを目指すべきです。

注文住宅にはどんなバリエーションがある?

新築一戸建てのマイホームを希望している方には、注文住宅によって夢の実現を叶えるケースも少なくありません。
設計の自由度が高いタイプの住宅なので、デザインから間取りそしてインテリアやエクステリア、さらには予算の配分まで、自分たちの条件やニーズに合った家づくりが可能になります。
ただし一口に注文住宅といっても、実はそのバリエーションは幅広く豊富。
まず注文の方法に着目すれば、フルオーダーとセミオーダーに大きく分けることができます。
前者はその名の通り、施主が家づくりのほぼ全てを決定する一方で、後者は家づくりの基本部分をあらかじめ業者の仕様に委ねながら、その範囲内でカスタマイズできる注文方法を指します。
さらに注費用面から着目すれば、ローコスト住宅を挙げることができるでしょう。
これは通常よりも安い予算でオーダーメイドできる、価格帯の安い住まいを指します。
このタイプの住宅は、坪単価では30〜50万円が相場と言われており、予算が気になる方でも、理想の注文住宅を実現することが期待できます。
これらの他にも、デザイン性を重視したデザイナーズ住宅や、ハイグレードな高級注文住宅など、様々なバリエーションが存在します。

注文住宅の施工エリアは決まっている?

注文住宅のメーカーによって、希望する土地に建築が可能なのかどうか異なるケースがありますので、事前に確認しておくことが重要です。
全国的に展開している大手ハウスメーカーでは、施工対象エリアは国内のほぼすべての地域となっていることが多いですが、比較的規模の小さなハウスメーカーや地元工務店の場合には、施工可能な都道府県が限定となっていることも珍しくありません。
住宅展示場やウェブサイトなどで気に入ったプランを見つけ、注文住宅の建設を依頼したと考えても、施工ができない場所では対応ができませんので注意しましょう。
また、全国的に展開している場合でも、注文住宅の仕様によって特定の地域に限定されていることや、一部の離島や山間部などの特殊なエリアが対象から除外されているケースもあります。
気になるハウスメーカーや工務店に、お住いの地域で注文住宅を建てることができるかどうか、あらかじめ確認しておくことを忘れないようにしましょう。

注文住宅では土地探しも依頼できる?

注文住宅では土地探しもハウスメーカーに依頼することが出来ます。
系列や提携の不動産会社があったり、付き合いのある地元の不動産業者からの情報を常に集めているというような企業の場合、ネット上で公開されている情報より新しい情報を持っていることもあります。
不動産会社で探す際、通常は手数料がかかりますが、ハウスメーカーが売主である場合、仲介手数料が不要になるというメリットがあります。
探している途中で依頼主の希望通りに注文住宅を建てられるかどうかを判断しながら探していくため、選ぶ時に失敗しにくいという利点も。
ハウスメーカーに依頼した場合、建物と諸経費も含めた予算で考えて探してくれるので、予算の検討がしやすくなります。
また住宅ローンの手続きがスムーズに行く、様々な面で手間がかからないなどのメリットがあるため、余裕を持って注文住宅の建築計画を立てることが出来ます。
相談先も一本化されるため手間を省けるようになります。

注文住宅で床を無垢材にすることはできる?

注文住宅で床を木材にする事は、果たしてできるのか問題になります。
通常注文住宅を建築する場合には住宅建築の基本が必要になりますが、床に関しては最近であれば無垢材などが使われるケースが少なくなっています。
どちらかと言えば化学的に合成していたなどが使われており、9割の家がそのような住宅です。
特に、建て売り住宅はその傾向にありますが注文住宅も例外ではありません。
それ故、天然素材の床などはあまり使われていないことがわかるでしょう。
ただその一方で、必ずしもそのような流れになっている中で例外がないわけではありません。
具体的にどのような例外があるかと言えば、例えば住宅を建築した場合無垢の家が使われているケースがあります。
これは、高級なものでありなかなか手に入りませんので値段が高くなります。
実は子が値段が高いと言う理由が1番利用できない理由の1つと言えるかもしれません。
ある程度お金がある家であれば、そのような事はありませんがそうでなければこれを利用しない傾向にあるわけです。
そのため、ある程度お金を集めておけば、このような問題で頭を抱える事はありません。

注文住宅で床暖房を付けることはできる?

注文住宅では色々な要望を取り入れることができますので、理想的な家づくりができます。
理想の家というのは施主によって異なりますが、よくある要望の一つに床暖房があります。
実際に注文住宅を建てる時に付けることは可能なのかと考える人もいるようですが、結論からいうと可能です。
種類としては大きく分けると温水式と電気式とがあり、どちらも設置できます。
ただし、床材を専用のものにする必要がありますので、最初の設計の段階で相談しないと予定が大幅に狂うかもしれません。
温水式の方はひり範囲にお勧めであり、長時間使う場所にも向いています。
電気式は部分的な暖房や使用時間の短い場所に向いていますので、どちらの方が合っているのかをあらかじめ考えてから設置を決めることが大切です。
初期費用がかかりますが、においや音がなくて空気も汚さない暖房ということで人気があります。
乾燥することも少ないので、冬場の乾燥対策としても有効な方法です。

注文住宅における家事動線の重要性

注文住宅で多くの人がやってしまう失敗例の1つに、家事動線を考慮しないという点が挙げられます。
これは、理想と現実のバランスが取れていないことによって生じる代表的なトラブルです。
そもそも、注文住宅は通常の新築一戸建てと異なってモデルハウスがありません。
通常の新築一戸建ては、メーカー側が準備しているモデルハウスに見学に行くことが可能です。
そこでイメージを膨らませて、現実的な生活感をイメージできる魅力があります。
注文住宅も、理想的な物件を実現できる魅力はありますが、その人だけの物件という意味合いが強いので事前にモデルハウスを参考にできないという課題も存在します。
そのため、実際に建設した物件とイメージ上の間取りの乖離が激しくなる可能性を否定できなくなるのです。
この影響で、実際に生活をすると違和感のある内装になることが珍しくありません。
こうならないようにするためには、現実的な家事動線をイメージした生活感の存在する間取りにすることが不可欠です。

注文住宅で収納不足を防ぐためのポイント

注文住宅ではお洒落なデザインや見た目にこだわってしまうことが多く、収納が足りないことに後から気づくケースも少なくありません。
住みにくい家にならないように、注文住宅ならではのメリットを最大限に生かして暮らしやすい家づくりになるように心がけましょう。
作り付けの家具を設置できることも注文住宅の醍醐味であり、壁面に簡単なスペースを設けることも可能です。
作り付けの家具であれば壁面いっぱいに棚を作ることができ、隙間なく作れるために掃除もしやすくなります。
階段の踊り場スペースには棚を設置することもでき、オープンタイプの棚を設置すれば飾り棚としても活用できるので便利です。
可愛い小物や雑貨を置くと、インテリアとしても楽しめます。
階段下やキッチンの空いたスペースを上手く活用することでも収納不足を解消できますので、覚えておきましょう。
注文住宅なら入れたい物や置きたい物に合わせて家具を作れるのが魅力であり、ロフトを作って屋根裏スペースを設けるのも一つの方法です。

注文住宅の間取りでよくある失敗例

注文住宅は比較的間取りを自由に決めることができるというメリットがあります。
しかし最初はよいと思っていても、実際に引き渡しを受けて生活を始めると失敗したと感じることがあるので注意が必要です。
よくある失敗例としては収納が足りなかったり使いにくい、トイレの音や臭いが気になるなどといったものが挙げられます。
またコンセントやスイッチの位置を間違えると使いにくい住宅になってしまうので注意してください。
注文住宅を造る場合には完成後の生活の様子を具体的にイメージすることが大切です。
特にコンセントやスイッチの位置については事前にしっかりと確認しておくとよいでしょう。
快適に生活できる家を建てるには日当たりについても意識する必要があります。
日当たりは時間によって変わり室内の気温や湿度にも大きな影響を及ぼします。
時間帯ごとに日当たりがどのような状態になるのかもイメージしておくことが大切です。
他にも部屋の広さが不適当だったり臭いや煙が充満しやすいなどの失敗例が存在します。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅について知ろう

注文住宅は分譲住宅と大きく異なります。第一に好きなデザイン、間取、予算に合わせて1から作っていく事が出来る点です。基本的には分譲住宅は出来上がっていたり、これからの場合も規格がありますので後から変更出来ないことも多々あります。希望通りに作ってもらうことが出来るというのが最大のメリットですが、分譲住宅よりも費用は高くついてしまうという事も有りますのでニーズに合っ住宅の方を選んでいく事をおすすめします。

Search